Saori in her 40s in Tokyo

ライター土谷沙織 が40歳になった記念に始めた雑記ブログ

泣いて泣いて気持ちよく泣いた、映画『A Star Is Born』

www.youtube.com

歌のパワーにただただ圧倒される2時間

去年の秋にセルビアに滞在していた時、ちょうど公開されていて町の映画館の前には、この映画のポスターがデカデカと貼ってあった。もう、ポスター見ただけで、いい予感しかなかった。あの時、映画館で過ごす2時間がもったいなくて行かなかったんだけど、行っときゃよかったかもしれない。だって、こんなスペシャルな作品をスペシャルな瞬間にスペシャルな場所で観れたかもしれないのだから。

 

レディガガとブラッドリー・クーパーという主役二人の配役がもう、パーフェクトです。ブラッドリー・クーパーはもともと好きな俳優だけれど、こんなに色っぽいと感じたのは初めてかもしれない。歌がうますぎる。声が素晴らしい。瞳が綺麗すぎる。

 

話的には、王道のシンデレラストーリーなんだけど、本当に歌に力のある彼らが演じると、この世の中にはこんな夢みたいな話があるかもしれないと思ってしまう。あったらいいのに、という期待も込めて、この映画の世界にどっぷり浸りたくなってしまう。

 

ちゃんと濡れ場も演じていて(多分、ボディダブルを使っていないような気がする)、その辺りのリアルな男女の関係性も前向きに描いている感じが私は好きだった。まあ、そこを薄らぼんやり描いたら、豪華なミュージックビデオになってしまった可能性もあるわけで。彼らが恋に落ちるまでの描き方も、すごく素敵だったし、全てのシーンが丁寧な運びで、置いてけぼり感がなかったのもいい。

 

歌がね。。もう、本当に耳に心地よくて、歌のシーンだけでいっぱい泣いてしまった。気持ちよく泣けた。この映画は、今この時代にこの配役でリメイクされてよかったと思う。贅沢で幸せな2時間でした。