Saori in her 40s in Tokyo

ライター土谷沙織 が40歳になった記念に始めた雑記ブログ

なんだか息苦しい世の中だ

f:id:saori_t:20190721102252j:plain

失敗したって次のチャンスはあると思えるから生きていける

子どもの頃からあんまり頭が良くなかったし、性格も良くなかった私は

数え切れないくらいの失敗を繰り返し、恥だらけの人生だと思います。

 

大人になっても「いじめ」はあるし、

世の中で素晴らしい仕事をしている人や人の上に立つ立場の人の中にも

「ろくでなし」はいっぱいいます。びっくりするけど本当のこと。

 

でも、生きる上での基本って親が子に教えることだったりして、

赤ちゃんの頃から老人になって死ぬまで実はあまり変わらないんじゃないか。

 

責任とか、メンツとか、社会的影響力とか、いろんなしがらみがあっても

失敗したら謝る、そして周りはそれを許す(許そうと、努力する)。

もちろん、失敗の度合い、理由などによって話は変わりますが。

 

本当の意味で許せるには時間がかかって当然だ、と思うから。

「うん、わかった」って一言いうだけで、失敗した人は歩き出せる。

許そうとする人の方も、「うん、わかった」でやっと歩き出せる。

 

「お互いさま」という言葉があるが、そういうことなんじゃないか。

 

1度や2度の失敗で再起不能にまで追い込む世の中って、狂っていると思う。

人間は弱い。人間は醜い。人間は愚かだ。

そういうことを受け入れてからじゃないと、誰も成長できないと思う。

 

もちろん、「やっぱりダメだった」っていうパターンもあるけれど

それでも時間をかけて人間を見つめる、ということに意味がある。

少なくとも私は、自分に関わる人にはそういう姿勢で付き合いたいと思っています。