Saori in her 40s in Tokyo

ライター土谷沙織 が40歳になった記念に始めた雑記ブログ

親しい人に本をプレゼントするのが好き

マンガで読む絶望名人カフカの人生論

最近、姉に贈った本がこれー!

イラストレーターの平松昭子さんが大好きで(作品もお人柄も全て)、

この本は何回も何回も読み返している私のバイブルなのですが

マイナス思考を無理やりプラス思考に持っていくとか、

そういう力技が使えないくらいマイナスモードの人に

「あなたはあなたのままでいいんだよ」的な

まさに「絶望名人」な内容の一冊なのです。

 

私は、希望に対して「ちょっと嘘くさいな」と思ってしまうひねくれ者ですが

絶望に対しては「だよねー」って素直になれる気がします。

絶望ベースで生きるのも、そんなに悪くないのかもしれない。

そんな風に思わせてくれる、とても力をくれる本。

姉も「これ面白いわー!」って喜んでくれたので、良かったです。

 

自分が好きな本を贈るって、すごく押し付けがましい行為だから、

引っ込み思案の私は、それを親しい人にしかできないのです。

軽くお勧めすることはできても、「あげるから読んでみて!」って言えない。

仕事関連の本とかは、全く別ですけどね。