Saori in her 40s in Tokyo

2021年1月までの期間限定の雑記ブログ

本気なら、どんな結果になっても

ちょうど今仕事で書いている原稿が

夢に向かってこれから頑張ろうとしている人に向けたものなので

私自身も書いていて前向きな気持ちになったり

喝を入れられる感覚になったり、ドキドキしたりしている。

 

何かやりたいって思うなら、やっぱり本気かどうかが重要なんだろう。

自分のことも、人のことも、世の中のことも、

動かしたいと思うなら本気じゃないと。

本気って、自分の言動の全てに意志と責任を持つことで、

覚悟できるかどうか、ってことだと思う。

 

本気でやれたら、どんな結果になろうと受け入れるしかない。

思うような結果じゃなかったら悔しくて泣くかもしれない。

でも、何かに本気になれた人は強い。必ず次に繋がる。

なぜならその人が本気かどうかは、周りが気づくからだ。

 

本気は、瞬間じゃない。長い長いプロセスだ。

言葉じゃない。行動だ。

だから本気になるって骨が折れることなんだと思う。

 

生まれる時と死ぬ時以外、人間の人生はすべてプロセス。途中経過。

だから、結果がどうのこうのって取るに足りないことで

変に落ち込んだり、責めたり、自分を嫌いにならなくていい。

何回だってやり直せばいい。やり直そうとする人を邪魔する人は最低だ。

 

最初の1回でできた人も、

できるまでやり続けた人も、同じ「できた」ってことなのだから。